通勤・通学の途中で、試験の前に、大事な会議の前に、旅行先で、急におなかが痛くなりトイレに駆け込む、慌ててトイレを探す。
大事な場面でなぜかおなかを下してしまう...。

こんな経験を繰り返す方は、下痢型のIBS(過敏性腸症候群)という病気かもしれません。


詳しくはこちら


IBSはうつ病や不安障害の人に多く、うつ病や不安障害を将来発症するリスク因子であることがわかっているそうです。
これらの精神疾患にも、IBSにも、腸内細菌が関与している可能性があることがわかってきています。

将来的には腸内細菌を標的とした治療の可能性があるようですが、現在、自分でできる具体的な方法として「プロバイオティクスを摂取する」ことが、有効そうです。

プロバイオティクス(Probiotics)とは、

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

梅雨の大敵「痰湿」

| トラックバック(0)

東洋医学では、体内において「気」「血」とともに人体を構成し、生命を維持する大切な水分を「津液=水(すい)」とよんでいます。この一部は「血」になるため「血」の原料でもあります。

津(しん):さらさら→体外にでると、汗、涙、唾に
液(えき):ねばねば→体内で関節、臓腑、脳などを潤す

この津液が停滞したり、凝集(かたまったりあつまったり)すると生理作用が発揮できずに、体に不要な「病理産物」に変化します。これを「痰湿(たんしつ)」と呼びます。

痰湿は体や頭の重だるさ、浮腫のもとになります。
このような状態の方の舌は胖大になり、べとっとしたコケ=膩苔が舌の上に付着し、滑脈と言われる玉が転がるような脈になります。

では痰湿の特徴や対策について、詳しく見ていきましょう。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

コレステロールに関する値について、整理しておきます。

・L/H比   LDLとHDLの比(L/H比)が血管の健康にとても重要だと言われています。
L/H比 :状態
1.5以下 :健康
1.5~2.0 :コレステロールの沈着が起こるリスクあり。注意が必要。
2.0~2.5 :コレステロールの蓄積が増えて、動脈硬化が疑われる。
2.5以上 :血栓ができている可能性あり。心筋梗塞のリスクも!


・総コレステロール
■女性 今までの正常範囲 140〜199mg/dL
    改定後の正常範囲 30〜44歳:145〜238mg/dL
             45〜64歳:163〜273mg/dL
             65〜80歳:175〜280mg/dL
■男性 今までの正常範囲 140〜199mg/dL
    改定後の正常範囲 151〜254mg/dL

総コレステロール値の成人女性の平均値は207.2mg/dLで、男性は196.6mg/dLでした。女性は男性に比べて、もともとHDLコレステロールが高い傾向にあるため、総コレステロールも高くなります。


・LDLコレステロール値
■女性 今までの正常範囲 60〜119mg/dL
    改定後の正常範囲 30〜44歳:61〜152mg/dL
             45〜64歳:73〜183mg/dL
             65〜80歳:84〜190mg/dL
■男性 今までの正常範囲 60〜119mg/dL
    改定後の正常範囲 72〜178mg/dL

男女ともに正常となる範囲が拡大され、基準が緩くなっています。


・LDLコレステロール値の計算
総コレステロール値-(中性脂肪値÷5)-HDLコレステロール値
注意:中性脂肪数値が400mg/dl以下であることが条件となります。


コレステロールに関する数値については、立場による見解の違いなどで色々意見が分かれるようです。そこでその背景を知る為に、これまでの経緯について、少しご紹介しておきます。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

お待たせしました、東洋医学(中医学)的にはコレステロールをどう考え、薬膳ではどのようにアプローチしていくのか、「脳血管障害(中風)」を例にご紹介したいと思います。

中風:突然倒れて意識がなくなったり、口や目がゆがんで言語障害や半身不随などが起こったりする病気です。この病気は急に発病して症状の変化が早く、めまい等の症状が有り、自然界の風が起こすようだと言うことでこの名があります。

多くの場合、もともと体を冷ます役割を担う腎陰が不足し、相対的に肝陽が旺盛な体質の人が、精神的なストレス、飲食・飲酒やセックスの不摂生が原因で陰陽のバランスをさらに乱し、気血が逆行し、水分の代謝産物である痰が熱をもって経絡の流れを阻害して起こると考えられています。


中医学的分類

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

コレステロールと食事の意外な関係と、コレステロール値が気になる方にお薦めの食事について、ご紹介します。


①コレステロールは脂質の1種で、分量はこんな感じです

・体内の全コレステロール量はおよそ100-150g(脳、脊髄、脂肪組織に多く存在)
・LDL、HDLとして血流を介し全身に運搬されるのは10−13g(コレステロールの貯蔵庫)
・身体が1日に必要とするコレステロール量は1−2g
・アセチルCoAを原料として合成(大半は肝臓で0,8g、その他皮膚、いくつかの細胞や組織で)
食事からの摂取は0,2-0,3g→影響は、そんなに大きくない!

コレステロールを多く含む食事の摂取が増えても、生体には恒常性を保つ調節機構があり、健康な人間であれば体内におけるコレステロール量は一定に保たれます。食事からコレステロールを取らなかったとしても、脂肪や炭水化物を摂取すれば体内でコレステロールに転換されます。


②食事中コレステロールと疾患リスク

「心疾患リスクが上昇する」とする見解と「リスクは変わらない」と相反する見解があります。

1)心疾患リスクが上昇するとする見解: 1日に卵を1個摂取している場合、週に1個未満の者と比較して、糖尿病のリスクが2倍以上であるとしています。この見解などを根拠としてアメリカ合衆国などでは、食事性コレステロールを1日300 mg未満に抑えるよう推奨しています。

2)上昇しないとする見解:年齢18歳以上で、BMIが25 kg/m²以上の前糖尿病状態および2型糖尿病患者140人を対象とした調査で、朝食時に2個 × 6日 = 12個の卵を食べる高卵食群(72人)と、週に卵を2個未満の低卵食群(68人)に振り分け、3カ月続けました。(中略)調査により、卵の摂取量が多くても、2型糖尿病患者の脂質プロファイルには悪影響を及ぼさないとしています。(オーストラリアシドニー大学Nicholas Fuller、第50回欧州糖尿病学会)


③コレステロールと切っても切れない「油脂」には大きく分けて2種類あります

1)飽和脂肪酸:肉類やバター等の動物性油脂とココナッツオイル等の一部の植物性油脂の主成分。

2)不飽和脂肪酸:あまに油やオリーブオイル等主に植物性油脂の主成分。不飽和脂肪酸はオメガ3、オメガ6、オメガ9(n-3、n-6、n-9とも)に分類され、特にオメガ3(n-3)が身体に必要と言う事が分かっています。

オメガ3は以下の3つです。

1)αリノレン酸:あまに油、エゴマ油、しそ油など(体内で合成されないので食事からとらなければならない。体内でEPAやDHAに変わる。)

2)EPA(エイコサペンタエン酸):はまち、きんき、いわし、さば、鰻(蒲焼き)など

3)DHA(ドコサヘキサエン酸):鰻(蒲焼き)、本マグロ(トロ)、ぶり、さば、さんまなど

従来リノール酸(n-6の一つ)はコレステロールを下げる働きがあるとされていましたが、長期的にはTC(総コレステロール)値に変化がないとの結果が出ています。

最も避けたい油脂はトランス脂肪酸です。植物油を固形状に加工する際に発生する人工のもの(天然のものより悪いとされる)は、マーガリンやパン、洋菓子、加工食品等に多く使われています。アメリカでは、心疾患や癌を誘発する可能性が高いとして使用禁止となっています。ヨーロッパでは規制が設けられ、中国や韓国では表記義務がありますが、日本では特別な措置が有りませんので注意が必要です。


④アミノ酸の一種「N-アセチル-L-システイン」の摂取は、LDLの酸化を防ぐ

肝機能が向上し、結果的に血管内の垢(高血圧、心筋梗塞など様々な症状の原因とされる)の発生を防止し、血管の炎症なども抑えられ、様々な症状の軽減、または完治が証明されています。
また、心臓、循環器関連の病気の予知に現在最も重要視され始めてきている「血中リポプロテインa 」の量を下げます。リポプロテインaは近年の循環器病の予知にてコレステロールよりも正確な指標と考えられています。

N-アセチル-L-システイン(別称: アセチルシステインまたはNAC):システインの誘導体。システインは含硫アミノ酸の一種で、肝臓で合成され、タウリンを生成し、胆汁酸の成分となります。食物では、赤唐辛子、ニンニク、タマネギ、ブロッコリー、芽キャベツ、オート麦、小麦胚芽に含まれます。体内ではメチオニンから作られます。(メチオニンを多く含む魚介類は、しらす干し、鰹節、干湯葉、干海苔など。)


コレステロール値が気になる方へ、目的別にどの栄養、食材を摂取すると良いかご紹介します。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

これまでコレステロールにまつわる病気などについて触れてきましたが、
「コレステロールって一体何?体の中でどんな働きをしているの?」
ということについて、できるだけ分かりやすくご説明したいと思います。

・ 人間を形作る細胞の膜の材料
・ 抗酸化剤としての働き
・ 脂肪の消化を助ける胆汁酸を生み出すお手伝い
・ ステロイドホルモン類に変換・変化
・ ビタミンA、D、E、Kなど脂溶性ビタミンの代謝
・ 神経伝達に関与 

もう少し詳しくご説明します。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

コレステロールと関連の深い病気と、治療薬についてわかりやすくご説明します。

・ 動脈硬化症
本来必要な場所にコレステロールが十分にあると、増えすぎたLDLは、コレステロールを持て余してしまいます。すると、LDLは血管の中を走っている間にコレステロールを離してしまいます。そしてそのコレステロールが血管の壁に沈着してしまいます。これが動脈硬化の始まりなのです。(「コレステロール その1」参照 →酸化LDLに要注意)

・ 高コレステロール血症治療薬と動脈硬化
HMG-CoAリダクターゼ阻害薬(スタチン)の動脈硬化に対する影響が明らかになっています。このお薬を服用すると・・・

①リポタンパク質の分布が不健康型から健康な型へと変化します。
②健常人においてもHDLを増やすように作用します。
③心疾患が無い、心臓発作病歴が無いなどの無症状患者の場合、心疾患による死亡率は薬を服用しない場合と統計上の有意差が無いことが分かっています。

LDLが140mg/dl以上になると病院で処方される薬とその働きを簡単にご紹介します。

HMG-CoA還元酵素阻害薬:肝臓でLDLが合成されるのを抑える
・悪玉コレストロール(下げる)
・善玉コレストロール(上げる)
・中性脂肪(-)

プロブコール:コレステロールが酸化し、血管に付着するのを防ぐ
陰イオン 交換樹脂:脂肪酸が集まって中性脂肪になるのを防ぐ薬
・悪玉コレストロール(下げる)
・善玉コレストロール(-)
・中性脂肪(-)

ニコチン酸 誘導体
・悪玉コレストロール(下げる)
・善玉コレストロール(上げる)
・中性脂肪(下げる)

フィブラート 系薬:中性脂肪の合成を抑制する
・悪玉コレストロール(下げる)
・善玉コレストロール(上げる)
・中性脂肪(下げる)

フィブラート 系薬:血小板の働きを抑制して固まるのを防ぐ
・悪玉コレストロール(-)
・善玉コレストロール(-)
・中性脂肪(下げる)

現状では、動脈硬化を発症している患者について、高コレステロール血症は明らかに症状を悪化させる因子ですが、低いコレステロールが冠動脈疾患や動脈硬化を改善するかどうかは明確になっていません。(「コレステロール その2」参照 →低すぎると別の疾患の死亡率が上昇)

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

血中コレステロール量は加齢により変動し、通常は60歳代まで徐々に増大します。またコレステロールレベルの季節によって変動し、冬には平均よりも高くなります。

高コレステロール血症が循環器疾患(動脈硬化と関連する)を引き起こす危険因子で、血中コレステロール値の大小で寿命が影響を受けると考えられてきたため、米国で大規模な疫学調査 MRFIT (multi risk factor intervention) が実施されました。その結果は予想に反して、コレステロール値は高すぎても、低すぎても寿命を短縮するというものでした。

血中総コレステロール値が・・・
・200 mg/dL以上:冠動脈疾患による死亡率が急速に増大
・180 mg/dL以下:冠動脈疾患による死亡率は低減せずほぼ一定、それ以外の死亡率が増える

*冠動脈疾患:心臓をとりまく冠動脈の動脈硬化で起こる疾患

コレステロール値が高いほど心筋梗塞のリスクが高まり、
コレステロール値が低いほど脳卒中のリスクが高まり、
血中総コレステロールが180-200 mg/dLが最も死亡率が低下し、長寿である
ことが指摘されています。

この結果は、血中コレステロールの総量よりその種類(LDLとHDLや酸化型リポタンパク質の存在)などコレステロールの質が寿命と深く関わっていると考えられています。


「コレステロール低値で死亡率が上昇」

日本での疫学調査(1986年度から1989年度までの福井市での26,000人を対象に住民検診の結果を保健所長白崎昭一郎医師がまとめた)では、

男性:コレステロール値が低い人ほどガンなどで死亡した人が多かった
女性:コレステロール値が低い群の死亡率が高かった

感染症、がん、肝疾患、気管支炎、胃潰瘍および貧血の基礎疾患をもった人は血清総コレステロール値が低くなるので、死亡率が高くなるためと考えられています。低コレステロールは、脳卒中のリスク要因でもあります。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

実は「善玉・悪玉は体内輸送の方向性、成分の違い」なんです。

コレステロールは胆汁酸、リポタンパク質などの輸送分子と共に移送されます。どの輸送分子と組み合わされているかによって、どの組織からどの組織へ移送されるのかが決められています。
水にわずかしか溶解しないコレステロールを、水を主成分とする血流に乗せるために、ミセルというものを作ってスーツケースのように格納して、輸送します(→これがLDL、HDL、キロミクロン)。

・LDL(low-density lipoprotein cholesterol=低比重リポタンパクコレステロール=悪玉コレステロール)
【肝臓】→【全身】血漿循環
肝臓から血管や組織にコレステロールを運ぶ(送り出す)働きをしています。

・HDL(high-density lipoprotein cholesterol=高比重リポタンパクコレステロール=善玉コレステロール)
【全身】→【肝臓】血漿循環
血中の余分なコレステロールを肝臓に運ぶ(回収)働きがあります。

・キロミクロン (chylomicron)
【小腸】←→【肝臓】腸肝循環
キロミクロン粒子は LDL粒子へと変換されて肝臓から他の組織へと中性脂肪とコレステロールを輸送します。

実は、「善玉」、「悪玉」と言われていますが、存在そのものは、どちらも必要なコレステロールで、「善悪」はありません。

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

free-illust32937.jpg
気温が高くなり、素足を見せる機会が多くなってきましたね。

気温が高くても冷房等で冷えたり、湿度が高かったり代謝が悪くてむくんだり、痛んだり、シビレやつりでお困りの方が増えてきているようです。この機会にしっかりケアをしてみませんか?

8月末まで、「足のお悩みコース」を設けます。
お問合せ→ info@shanti-ctm.com

外反母趾、足底筋膜炎、モートン病、ねんざや骨折の後に症状が固定してしまっている方にも受けて頂けます。その他の不調についてはお問い合わせ下さい。

詳細は、

ランキング参加中です。応援クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

最近のコメント

アイテム

  • free-illust32937.jpg
  • DPP_0134.JPG
  • DSCN2121.JPG
  • 9_000000000742.jpg
  • 2_000000000590.jpg
  • IMG_4558.JPG
  • IMG_4556.JPG
  • P1060976.JPG
  • P1100637.JPG
  • DPP_0082.JPG

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。