☆便秘 その3・気機鬱滞症☆ 

大阪淀屋橋、今日はとってもきもちのいい秋晴れでしたLaughing

その気候とは対照的に、気分がすっきりしない方、あなたの便秘はもしかして

これではありませんか?

前回に引き続き、東洋医学的5つの分類と「デトックス」法(食材)をご紹介
しま~す!

━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…
☆便秘☆
━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…

●タイプ2:気機鬱滞症(気の運動力が弱って、滞っている)

【原因】

・考えすぎ
・抑うつ
・怒り
・悩み
・長時間座ったままで、動かない

【特徴】

お腹が張り、ガスやげっぷがよく出る。
ひどくなるとお腹が痛み、ガスやげっぷが出ると痛みは軽減する。

【食材】

・大根
・紫蘇(しそ)
・薄荷(はっか)
・仏手(→かんきつ類)

など

【簡単薬膳】

・紫蘇の実と麻の実の粥

紫蘇の実 15g 
→気を下げる。固まりを融かす。腸を潤す。温性。 
(咳止めによく使います)
麻の実 15g 
→腸を潤し、便通を良くする。滋養作用。弱っているところ(虚)を補う。
ハチミツ 大さじ1
米 50g

1.紫蘇の実と麻の実は、すり鉢で細かくすりつぶす。
2.水を少量ずつ加え、さらに細かくすりつぶし、布巾でしぼり汁をとる。
3.しぼり汁に米を入れて、粥を作る。
4.ハチミツで味を調える。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

上記のような中国の薬膳処方は、日本人には少し強いことがあります。
味やお好みで、分量を調節して召し上がってくださいね!

SHANTIのお客様に、ダイエットサポートを実施しています。
ご興味がある方は、こちらまで♪

ゲンノショウコを使ったとっておきの便秘茶、詳しくはこちらをご覧下さい♪

関連記事

  1. 本日のお茶 5/26

  2. 「おはよう朝日です」星占い・山田ありすさんのブログでご紹介頂…

  3. 本日のお茶 5/22

  4. 黒枝豆が美味しすぎて・・・

  5. ●SHANTI漢方茶ショップ情報●明日です!

  6. 『漢方一貫堂医学』と森道伯先生

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 冬の養生

    2020.11.5

PAGE TOP