今の時期に多い「肩こり」の特徴 (3/21〜5/22)

一概に「肩こり」といっても、実は首だったり、肩の上の方だったり、肩甲骨の間だったりと、様々な部位にコリが現れています。その中で今の時期に起こり易いのは、「肩甲骨の間のコリ」と考えられます。
東洋医学では「運気論」という書で、季節ごとの邪気が有ると考え、季節を5つに分けて説明してくれています。
今は、「二の気」(春分から小満、つまり3/21〜5/22)にあたります。
この時期は「熱/火の時季」で、胃腸から胸中にかけての内熱がきつくなり、鼻やのどが乾いたり水分代謝異常が起こり易いとされています。胃腸を中心としたその上の当たりに熱が集まることから、その裏側がコルと考えると、肩甲骨の間(から肩にかけて)コル方が多いのも、納得ですね^^
肩こりがある方、今どこが一番お辛いですか?
関連記事
●今の時期に多い「肩こり」にお薦めのツボ (3/21〜5/22)●

関連記事

  1. 汗のお話

  2. 腰痛の時に使うツボ(腰痛のタイプ別)

  3. 気血水・「水」について(水滞、津液不足)

  4. 東洋医学基本の「き」第1回、無事終了しました!

  5. 高熱・喉の腫れ・目の充血(目やに)の方へ

  6. 快眠の意外なヒント(夜中に足がツル人にも)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2月の休業日

    2019.02.8

PAGE TOP