経絡とツボについて

体内と皮膚との間には、一定の法則があると考えられました。
皮膚は、外部環境から体内を守る働きをしていると考えられ、また体調や身体の異変など、体内の情報を映し出しています。
●経絡とは、線(道)である
 1,経絡は、体内(五臓六腑)と外部環境を結ぶルート
 2,身体を維持する「気」「血」や、病の原因「邪気」の通路
経脈は縦方向、絡脈は経脈同士を繋いだり、経脈から分枝する細い脈で、経脈と絡脈を合わせて、経絡と言います。
●ツボ(経穴)とは、経絡上の点である


経穴(ツボ)は、経脈上の治療に関係する特異的な部位です。
 1,体内の問題を表す部位(診断点)
 2,反応のでやすい部位(反応点)
 3,治療効果が出やすい部位(治療点)
・・・ですが、経脈の外に現れることがあり、これを「阿是穴(あぜけつ)」といいます。

関連記事

  1. 第69回日本東洋医学会学術総会 初日 レポート

  2. お花を有り難うございます(*^▽^*)

  3. PM2.5と空咳のツボ

  4. 台風の季節☆湿気にご用心☆

  5. 今日は漢方茶ショップ@松屋町

  6. 「気」のお話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP