杜仲茶(とちゅうちゃ)

血圧下降、血行障害改善、利尿作用、肝臓治癒、関節痛改善、鎮痛効果 など。
1.杜仲に含まれる「イリドイド配糖体のゲニポシド酸」という物質による血圧下降作用が認められており、これにより、上記の効能が得られるという。
2.最近小林製薬が公表した実験結果では、「人内臓脂肪減少」効果及び「血管若返り」効果があるとのこと。

●漢方的効能● 〜薬膳 素材辞典より〜
性味:温、甘
帰経:肝、腎
常用量:煎服9〜15g
働き:1、温補肝腎 腎陽不足の冷え、無力、勃起不全、遺精、頻尿、遺尿、めまい、難聴
   2、強筋壮骨 腰膝酸軟・疼痛、歩行困難
   3、固経安胎 不正性器出血、流産、習慣性流産
禁忌:陰虚火旺

関連記事

  1. 6月の漢方茶☆新発売!

  2. 風邪薬は対症療法?!

  3. 明日のお茶です☆漢方茶ショップ

  4. むくみ、水分代謝のトラブルが気になる方へ!

  5. バラ園@大阪中之島

  6. コレステロール その1・悪玉コレステロールは身体にとって悪者…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP