ドクダミ茶(どくだみちゃ)

原料であるどくだみ(ドクダミ)は日陰や湿地を好む多年草で、ゲンノショウコ、センブリとともに、三大民間薬といわれてきました。どくだみ(ドクダミ)は昔から、10の薬効があることから十薬(じゅうやく)とも呼ばれ、薬用として重宝されてきました。
1.ポリフェノールの一種であるクエルシトリンの働きにより、むくみ解消や腎炎・膀胱炎を予防する働き、利尿と便通促進、消炎、胃腸の動きが良くなる効果が期待できます。
2.便秘解消や美肌作りに有効とされるため、女性に人気があります。

関連記事

  1. [薬膳クイズ]暑い時期に出る乾いた咳にいい食べ物は?

  2. 風邪に葛根湯&東洋医学的養生法

  3. 菊花(きくか)

  4. 本日のお茶 5/23

  5. 杜仲茶(とちゅうちゃ)

  6. コレステロール その3・コレステロールと病気

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP