あなたは、自分の身体が健康だと自信を持って言えますか

  • トップ
マッサージは筋肉へ、カイロプラティックは骨に働きかけるのに対し、shantiの推拿(スイナ)は、全身隅々の経絡(ツボ)と筋肉を、同時にここちよい刺激を与えることにより、身体の中をめぐる「気・血・水」 の流れをよくし、自然治癒力を引き出します。

東洋医学(推拿・鍼灸・漢方)サロンSHANTI(シャンティ)は、推拿をベースにした整体サロンです。

推拿とは

推拿とは、東洋伝統医学の三大療法で、鍼灸、漢方とならび、現在中国では実際に病院で治療として行われています。
推拿は、器具を一切使わないソフトな手技で、骨をボキボキ鳴らしたり、筋肉をゴリゴリほぐしたりといったように、体に負担をかけずに人間が本来持っている自然治癒力を最大限に引き出し、快方へと導きます。
また自然治癒力を増大させるので、新陳代謝も促進させます。病気を快方に向かわせるだけでなく、体質から改善することが期待できます。
全身のバランスを整えることにより、現代医学(東洋医学に対して西洋医学とも呼びます)では、病気とはみなされないような、病名や原因がよく分からない症状にも効果を発揮することが多々あります。

整体とは

整体とは、一般的に体全体の骨格や関節の歪み・ズレの矯正と、骨格筋の調整などを、手足を使った手技と補助道具にて行うことで、症状の改善や治療をおこなう民間療法の一種ですので、日本では保険の適用はありません。
「整体術」「整体法」「整体療法」と呼ばれることもあります。

現在の整体は、
1.日本武術の柔術や骨法等の流派に伝わる手技療法を中心とする整体
2.伝統中国医学の手技療法を中心とする整体
3.大正時代に日本に伝わったオステオパシーやカイロプラクティックなどの欧米伝来の手技療法を中心とする整体
などで、shantiの推拿整体は“2.伝統中国医学の手技療法を中心とする整体”をさします。

東洋医学(中医学)の大きな特徴に、「弁証論治」(べんしょうろんち)ともうひとつ、「整体観念」(せいたいかんねん)があります。
「整体観念」とは、人体そのものを整体(全体が一つとなって切り離せないもの)と捉え、人体と自然環境も深く関係しており切り離せないものと捉える思想のことです。具体的には、私たちの臓器はひとつひとつ単体で働いているわけではなく、お互いに影響しあったり、組織や器官が互いに作用しあって生命活動を維持しています。
内臓のトラブルが背中の硬さに現れることもそうですし(ですからshantiでは背中の硬さを緩めることを重視しています)、中医学では局部だけで判断せず、身体全体を通して観察し、治療を行うのです。 また、自然界との関わりにおいては、気候の変化などにあわせ、自然と共存していくことが大切であり、そのバランスを崩さないことによって、健康を保つことができると考えられます。

shanti(シャンティ)とは

shantiとは、サンスクリット語で「平和」「大いなる平安」「寂静」すなわち「peace」を意味します。
推拿整体サロンshantiの名前の由来は、上記と中国語のshenti(身体)を掛け合わせて、「身体の平安から健康、そして大いなる平和につながる」という信念のもと、施術を研鑽し、社会に貢献していきたいという思いが込められています。
格闘技や武道を追求してきたからこそ、この「平安」というところに思いが至ったのかもしれません。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

東洋医学(推拿・鍼灸・漢方)サロンSHANTI(シャンティ)
大阪市中央区伏見町2-6-2
ネット伏見町201号室
営業時間:11時〜20時(予約制

お電話でのご予約・お問合せは
下記受付時間内に【06-6203-0300】
までご連絡ください。

受付時間:火~木曜 朝8時~10時半、昼12時半~13時半、夜20時半~22時まで

上記時間外と土日は基本的に留守番電話になります。施術中のお客様のお時間を大切にさせて頂く為、ご協力お願い致します。