目的を持っていくのが良い

整体にしろ、マッサージにしろ、「施術中」に痛みなどの「実感」がある。実際の治療にはなっていないのだろうが、それが気持ちの良さにつながったりすると思う。

推拿は全体的に癒し系の上品な印象で、上記の理由で少し物足りなさを感じました。

施術中は癒され、気持ち良くて眠ってしまいました。

終わった後は体が軽くなった。

町のマッサージ屋さんとは違って、本格的な治療を行うところだということ。目的を持っていくのがいいと思う。

カルテもあり、相談にも乗ってくれるので、かかりつけの「お医者さん」のようなところです。

「推拿」は、治療と癒しだと感じました。それを発展させて、欲張りなようだけど、整体の「痛み」と、マッサージの「気持ち良さ」を取り入れて、新しいジャンルの「推拿+(プラス)」のようなものを開発すればいいかも。

関連記事

  1. お盆も休まず営業致します!(15日は漢方茶ショップ@練)

  2. shantiスタッフブログ開始しました。

  3. 株式会社ビジネスパートナー

  4. ご挨拶

  5. セルフケアを教えてくれる

  6. SHANTI通信:19 未病対策 その2.梅雨時期の冷え(裏…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

  1. 2月の休業日

    2019.02.8

PAGE TOP