菽脈診法(しゅくほうみゃくしん)

菽(しゅく)とは、豆の重さの事で、両手手首の6カ所を3,6,9,12,15粒の豆の重さで押さえて、脈を診て、五臓のバランスや気血水の状態などを伺う方法です。

関連記事

  1. ●WHO(世界保健機構)が定めている鍼の適応症 –…

  2. 梅雨の大敵「痰湿」

  3. 気血水・「水」について(水滞、津液不足)

  4. 第69回日本東洋医学会学術総会 初日 レポート

  5. 「未病」って何?

  6. 「気」のお話

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP